婚活サイト一覧 婚活サイト攻略法

婚活サイトのプロフィールの書き方【女性編】│相手に好印象を与えるポイントとは?

更新日:

婚活サイトのプロフィールってどうすればいいの?

婚活サイトのプロフィールは、男性があなたのことを知る重要な手がかりとなります。つまり婚活の成功のカギを握るのがプロフィールなのですが、書き方がわからなくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

この記事ではプロフィール写真の選び方やプロフィールに書くべきことNGな書き方など、詳しくご紹介します。プロフィールを読んだ男性に「この女性と会ってみたいな」と思われるためのコツをお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

\\\\男性版はこちらから////

婚活サイトのプロフィールの書き方【男性編】│成功の秘訣やNGな書き方を徹底解説

婚活サイトを活用するにあたって最も大切なのがプロフィールですが、実際どのように書けばよいのか悩んでいる男性も多いのではないでしょうか? 女性に好感を持たれ、「この人と会ってみたい」と思われるようなプロ ...

続きを見る

まだ利用する婚活サイトが決まってない人はこちらの記事を参考にしてくださいね♪

まずは婚活サイトで使うプロフィールの写真から

結婚相手を探すのですから、誰だって相手の容姿は気になります。プロフィール写真は適当に選ばずに「この人と会ってみたい」と思われるようなものを厳選しましょう。

明るくはっきりした写真

明るくて顔がはっきり映った写真を選びましょう。暗い写真、ぼやけた写真はNGです。また、表情も明るいものがおすすめです。笑顔の写真なら幸せな結婚生活を連想させますので、アプローチしたくなる男性が増えるでしょう。

趣味がわかる写真がおすすめ

プロフィール用の写真は履歴書のようなかしこまった写真よりも、自然体のものがおすすめです。趣味を楽しんでいる写真なら、楽しい雰囲気が伝わって好感がもたれるでしょう。

共通する趣味を持つ男性にもアピールできるのでおすすめです。

婚活サイトのプロフィールで使う名前は親しみやすものを

婚活サイトのプロフィールで使う名前は本名でなくてもOKです。覚えやすい名前がおすすめですが、どのようにつけるか悩んでしまう人もいるでしょう。名前の付け方をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

呼びやすいニックネーム

プライバシー保護のためプロフィールで本名を公開したくない人は、名前をニックネームにしておきましょう。

できれば自分の名前に近いニックネームがおすすめです。昔から呼ばれているニックネームや、名前の一部から取ったものなどであれば、呼ばれたときに違和感がないでしょう。

変わったニックネームにしてしまうと、婚活の真剣度が感じられないので不利になるかもしれません。呼びやすく親しみやすいニックネームにしておきましょう。

自分の名前を使ってもOK

もちろん自分の名前をそのまま使ってもOKです。不特定多数の人に本名を知られるのが嫌なら、下の名前だけ使うのもよいでしょう。下の名前をひらがなにすることで、個人を特定しにくくなります。

婚活サイトのプロフィールの書き方を例文付きで紹介

それでは実際の書き方を項目別に例文付きでご紹介します。

職業、学歴

職業や学歴は、あまり詳しく書かなくてもよいでしょう。男性の中には自分より高学歴の女性を敬遠する人もいますので、学校の名前まで書かずに「大卒」「短大卒」「高卒」と最終学歴を書いた方がよいでしょう。

職業も勤め先まで詳しく書かず、

食品メーカーで事務職をしています


都内で看護師をしています。仕事柄、出会いがないので登録しました

くらいの書き方がおすすめです。

体型

男性は女性のプロフィールを見る時に、スタイルを重視する人も多いようです。自分の体型を「普通」や「ややぽっちゃり」などの項目から選択するようになっている場合は、できるだけ「普通」に近づけるのがおすすめ。

マッチングすれば会うことになるので、実際のサイズとかけ離れたスタイルを選ぶのはよくありません。

また、男性の中には身長が低いことを気にしている人もいます。自分より身長が高い女性を敬遠する男性もいるので、女性は少し低めにしておきましょう。

例としては

身長は158cmで自分では普通体型だと思います

よく食べる割には太らず、体型はやや細めです

けして

太りすぎなのでスタイルには自信がありません

など自虐的なことは書かないようにしましょう。

趣味

趣味の欄は詳しく書いておきましょう。同じ趣味を持つ男性が興味を持ってくれる可能性が高いです。たとえば映画鑑賞が趣味なら、「趣味は映画鑑賞です」だけで終わらず、

趣味は映画鑑賞で、毎月2回は映画館に行ってます。特に恋愛映画が好きで、最近のお気に入りは「〇〇」です。

というように具体的に書くことをおすすめします。趣味が合う人が「映画デートに行きましょう」と誘いたくなるでしょう。特に趣味がない…という人も「趣味と言えるものは特にありません」などはNG。

おいしいご飯を食べるのが好きなので、これから料理を始めようと思っています

など、これから始める予定の趣味を書いておくのもおススメです。

性格

性格はありきたりでも構いません。ただし謙遜していては男性の目にとまりませんので、ポジティブなものにしておきましょう。たとえば次のようなネガティブに捉えられがちな性格でも、ポジティブな言葉に変換することができます。

優柔不断→慎重な性格

内向的→物静か、落ち着いている

協調性がない→マイペース

このようにポジティブな言葉に変換すれば、あなたの印象もグッと上がりますね♪また、「友達によく言われる」という表現にすれば、自分の長所をさりげなくアピールしやすいでしょう。

明るい性格で、一緒にいると元気が出ると友達に言われます

穏やかで落ち着いているとよく言われます

など、嫌味なく自分の長所を伝えることができます。

婚活サイトのプロフィールに書きたい女性らしさのアピール

プロフィールには女性らしい部分も書いてさりげなくアピールしましょう。男性の興味を惹くために書いておきたいアピールポイントをご紹介します。

文体は基本的に丁寧語

文体は「ですます調」の丁寧語が基本です。優しい言葉遣いで女性らしさをアピールしましょう。

ただし丁寧すぎると堅苦しくなって女性らしさが伝わらず、近寄りがたい印象を与えてしまいます。しかし砕けすぎるのも男性への印象はよくありません。堅すぎず砕けすぎず、適度に親しみやすい文章で書くようにしてくださいね。

家事スキルは強いアピールになる

結婚相手を探すのですから、やはり家事スキルが高いと有利。特に料理が上手いことは大きなアピールポイントとなります。男性は「結婚したら毎日おいしい料理が食べられそう」と結婚生活を想像してくれるでしょう。

また、料理以外の家事スキルももちろんアピールしておきましょう。

家庭的な趣味があればアピールして

女性らしい家庭的な趣味があれば、ぜひアピールしておきましょう。料理以外で家庭的な趣味といえば「お菓子作り」「手芸」「生け花」などがあります。清楚で女性らしい趣味なので、男性へのアピール力は高いでしょう。

好みのタイプや年収ははっきりと

たくさんの「いいね」がきても、その中には好みと違うタイプの男性もいるでしょう。それなら初めから自分の好みのタイプや希望年収をはっきりと書いておくことをおすすめします。

けれどもあれもダメ、これもダメとなってしまうと男性もあまりいい気持ちはしないもの。あくまで最低限のものだけにしておきましょう。

タイプは細かく書きすぎない

好みのタイプは容姿や条件でなく、相手の人柄や価値観について書くようにしましょう。

あまり細かく書きすぎると当てはまる人が少ないうえに、悪い印象を与えてしまいます。「誠実な人」「家事に協力的な人」など、当てはまる男性が多く見つかりそうなことを書いておいた方がよいでしょう。

年収は高望みしすぎない

希望年収は600万円以上という女性も多いようですが、現実の平均年収を知ることも大事です。高望みしすぎると当てはまる人がほとんどいないという状況になってしまいます。

ここで国税庁が発表している「平成29年度民間給与実態統計調査」から男性の平均年収をご紹介します。

年齢

平均給与

25~29歳

393万円

30~34歳

461万円

35~39歳

517万円

40~44歳

569万円

参照:https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2017/pdf/001.pdf

最近は共働きも一般的で、女性にもそれなりの年収を期待する男性が増えているようです。男性の年収は高望みしすぎず現実的な金額を書いておいた方が、出会える確率が増えるでしょう。

婚活サイトのプロフィールで嘘はダメ!

プロフィールの項目によっては、正直に書くことで不利になることを心配する人もいるでしょう。しかし嘘をついて「いいね」をもらっても、いずれはバレてしまいますので、本当のことを書くようにしましょう。

嘘によって信頼を失う

もし男性の年収が300万円なのに600万円と書いてあり、後で嘘とわかったらあなたは彼のことが信用できなくなりませんか?

それと同じであなたがプロフィールに嘘を書いているのがわかると男性の信頼を失い結婚も考えられなくなるでしょう。お互いに安心して婚活するためにもプロフィールに嘘を書くことはやめましょう

ハッキリした基準がないものは?

年収や学歴などはハッキリと書けますが、体型や趣味などは明確な基準があるわけではありません。たとえば体型がややぽっちゃりに見えても自分が普通と思っていれば、「普通」と書いていても嘘とは言い切れません。

また趣味に関しても、どの程度親しんでいれば趣味と言えるか基準はありません。たまにお菓子を焼くくらいでも、趣味はお菓子作りと言って嘘になるわけではないでしょう。

ただし体型や趣味に関して「嘘だった」と思われないよう、少し盛ってしまった人は記載した内容に近づけるよう努力することも大切です。

婚活サイトのプロフィールでNGな書き方は?

思わず男性の目に留まるプロフィールもあれば、まったく目に留まらないプロフィールや、書き方によっては男性に悪い印象を与えしまうプロフィールも…。ここではそんな絶対NGのプロフィールについてご紹介します。

空欄が多すぎる

プロフィールの項目に空欄や「特になし」という記載が多い人は、婚活への意気込みが感じられません。プロフィールは多数の会員がいる中から自分をアピールする手段なので、空欄はないように全て埋めておきましょう。

「趣味といえるものがない」という人もいるでしょうが、趣味欄が空欄になっていると「無趣味でつまらない人」と思われてしまうかもしれません。

思い浮かばない人は、読書でも音楽鑑賞でも、日常生活で何か楽しんでいることを思い出して書いてみましょう。

プロフィールの作成は、自分を客観的に見るチャンスです。ゆっくり時間をかけて自分を見つめなおし、空欄をできるだけ作らないようにしましょう。

絵文字や顔文字の多用

友達とのLINEやメールなら、絵文字や顔文字を使うことで親しみやすい文面にできるでしょう。しかし婚活のプロフィールで絵文字や顔文字を多用すると、軽い印象を与えてしまいます。

真剣に婚活している人には落ち着いた文面の方が好印象を与えますので、できるだけ使わない方がよいでしょう。

また、ネット用語などのわかりにくい言葉も避けておいた方が無難です。誰にでもわかりやすい言葉で書く方が、より多くの男性にアピールできるでしょう。

相手の条件を選り好みしすぎ

相手への希望が多すぎると出会いを狭めてしまいます。

しかも「年収1,000万円以上」「身長185cm以上」など高望みしては、該当する人が少ないだけでなく、相手の条件ばかり重視する人と思われてしまいます。もし該当する男性がいても避けられてしまうでしょう。

わざわざマイナス面をアピールしない

自分の魅力をアピールすべきプロフィールで、あえてマイナス面をアピールする必要はありません。「料理には自信がありませんが」といったことをわざわざ書かないようにしましょう。

プロフィールで謙遜しても、読んだ人は本当にそうだと思ってしまいます。マイナス面は絶対アピールしないようにしてくださいね。

婚活サイトのプロフィールがすべてを決める!

婚活サイトに入会したら、男性会員はあなたのことをプロフィールの文と写真で判断します。「素敵な女性だな」「会ってみたいな」と思われなければ、まずマッチングすることもありません。

つまり婚活サイトを利用して婚活するには、プロフィールが最も重要と言えるでしょう。

丁寧で明るく優しい雰囲気のプロフィールなら、男性から「こんな女性がお嫁さんならいいな」と思われます。男性に好印象を与えるプロフィールの書き方で、婚活を成功させましょう。

気になる相手が見つかったら、さっそく相手にメッセージを送りましょう!おすすめはメッセージはこちらで確認してくださいね♪

-婚活サイト一覧, 婚活サイト攻略法

Copyright© 赤い糸ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.