妊婦さんが知りたい!葉酸の効果や効能ブログ

妊娠中に危ないのは高血圧!その症状を葉酸で予防しよう

妊娠をすると、普段の体重よりもはるかに太ることになります。すると、太ることにより血圧も上昇することになりますね。

正常範囲である場合は問題がありませんが、異常に高くなることもあるのでそれは注意をしたいですね。その高血圧は、妊娠を継続させることができなくなる等、様々な弊害をもたらします。

その時、高血圧に効果があると言われているのが葉酸です。葉酸は、赤ちゃんのために妊娠中に摂取することが勧められていますが、実はお母さんにとってもとても良い効果があります。

ここでは、妊娠中に危ない高血圧を予防することができる葉酸の内容についてご紹介します。

体重増加による血圧上昇を予防

体重が著しく増えることにより、様々なことが心配となりますね。その一つとしてなんといっても、血圧が詰まりやすくなりリスクがあるということです。

血液が詰まりやすくなると、脳梗塞などを起こしやすくなるのです。妊娠中であっても、そのことは例外ではありません。

妊娠をしているときに、急な血圧が上昇することにより、脳梗塞を起こしたという例もあります。そんなことになると大変です。血液をサラサラにする作用がある葉酸で予防しましょう。

妊娠中毒症を予防できる

妊娠をすると、血圧やその他の様々な体の変化により妊娠中毒症という状態になることがあります。その状態になると、立っていることができず安静が必要となります。

血圧が上がらないように、入院をして絶対安静が必要となるのです。そしてその状態が悪化すると、切迫早産という状態になることがあります。

赤ちゃんが、早く生まれてしまうことになるのです。それを予防するためにも、葉酸は大切な栄養素です。参考:「葉酸サプリについて

血圧上昇による頭痛を予防できる

血圧が上昇すると、その症状として頭痛を訴える人が多いです。頭痛が起きると、たちまち何もしたくなくなるほど辛い事ですね。

しかし妊娠をしているので、内服薬を飲むことができません。その予防のためにも、葉酸は欠かすことができない栄養素です。

コメントは受け付けていません。