妊婦さんが知りたい!葉酸の効果や効能ブログ

妊娠中の葉酸の摂取はいつからいつまで続ければいいの?

赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、いつからいつまで飲めばいいのかイマイチよく分かりませんよね。

それに赤ちゃんにどんな効果があるのかも気になるところです。

そこで今回は、葉酸を摂取する期間や赤ちゃんへの効果についてご紹介していこうと思います。

きちんと知って大切な赤ちゃんを元気に育ててあげましょう。

妊娠前から効果を発揮

葉酸は赤ちゃんの成長だけでなく、妊娠前の女性の身体にとっても大切な栄養素なんです。

葉酸は、女性の身体を妊娠しやすい環境に整えてくれる働きが期待でき、摂取することによって子宮内膜を強くし、受精卵が着床しやすくなる効果があるとも言われています。

さらに、着床後の受精卵がきちんと細胞分裂し、増殖をしていくのを助ける働きもあるのです。なので、葉酸は妊娠前から積極的に摂取したい栄養素です。

妊娠が分かってからの摂取でも大丈夫?

妊娠前から葉酸を摂取しておくことはとても大切ですが、妊娠が分かってから飲み始めても全く問題はありません。

しかし、妊娠が分かったならばなるべく早めに食事やサプリメントなどで摂取することを意識しましょう。

と言うのも、赤ちゃんの成長において一番葉酸の栄養が必要になる時期が、妊娠0週から11週の間と言われているからです。

この時期の赤ちゃんは人間の身体の基礎となる脳や臓器などが急激に成長しています。

葉酸を摂取することで、奇形などのリスクを軽減することができますので、この大切な時期こそしっかりと葉酸を摂るようにしましょう。

関連サイト:「2015年版日本人の食事摂取基準

いつまで飲めばいいの?

赤ちゃんが急成長する妊娠11週を過ぎたら葉酸の摂取は必要ないかと言うと、そんなことはありません。

その後も葉酸は赤ちゃんの成長をサポートし続けますので、出産する日まで摂取することがおすすめです。

葉酸をきちんと摂取することで、赤ちゃんの低体重を防いだり、貧血を防いでくれる効果も期待できます。

葉酸はいつからいつまでの期間摂取するというような栄養素ではなく、特に妊娠中は常に摂取していきたい栄養素なのです。

きちんと摂取して、元気な赤ちゃんを育ててあげましょうね。

参考記事:「葉酸サプリはいつからいつまで飲むべき?摂取しておきたい期間について

コメントは受け付けていません。